読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It ain't over 'til…

沢山の願いを乗せて。

球春到来!-2017-

お久しぶりです。

ゆば(@)です。

 

ということで皆様あけましておめでとうございます!

…野球ファン以外の人にはなんのこっちゃいってとこですが、野球ファンの人にとっては2月1日はある意味元日とも言える日なのです。

 

何故かというと、NPB12球団のキャンプ*1インが毎年一斉に2月1日。ここから新しいシーズンに向けて選手たちが本格始動していきます。

私が応援している東京ヤクルトスワローズも例に漏れず、今日から沖縄は浦添(2軍は宮崎の西都)でキャンプです。


沖縄入りの1/30にはこんなトラブルにも見舞われましたが…


1/31には沖縄県にて恒例の祈願も終え、いよいよですね。

 

2015年のセリーグチャンピオンとして連覇、そして悲願の日本一に向かって挑んだ2016年シーズン。…結果は無念の5位に終わりました。

 

2017年は「目を覚ませ!Snap out of it」をスローガンに掲げた東京ヤクルトスワローズ、まさに”目の覚めるような”快進撃を期待しております!

 

スワローズに関しては全選手応援しているのですが、特に私が全力で応援している#16原樹理投手。昨年の様々な悔しさを晴らす程の大活躍が見れるといいな…!

 

 

何はともあれ、全選手が怪我なく充実したシーズン*2が送れますように。

また、3月にはWBCもありますし、 何より2017年シーズンがすべての野球好きの人にとって楽しめる最高の1年になりますように!

 

 
f:id:youbar:20170131215929j:image

 

 

*1:シーズンに向けてチームとして練習をする場。宮崎や沖縄などの暖かい地域で行われる。

*2:スワローズは異常な程の怪我人の多さからヤ戦病院とも揶揄されるので…(苦笑)

深夜バスのススメ。

何故かこの前の記事が多くの人の目についているようで嬉しいやら驚いてるやら。

それもあって…

↑元ネタは是非ググってください…w

 

そんな感じでこんにちは。ゆば(@)です。

ということでせっかくなので少しだけ上の記事に関連した内容のブログを。

 

題して…深夜バスのススメ!

(それよりGooseのこと書いた方が…ってのも、そもそもタイトルが…ってのも全部分かってるよ!!)

 

前回のブログ、Goose新潟遠征でも行き帰り共に高速バスを使った私ですが、

何を隠そう深夜バスLoverなのです。

今回はそんな私が深夜バスの魅力を紹介していきたいと思います。

 


f:id:youbar:20170113232836j:image

 

 

1.そもそも深夜バスとは?

”深夜バス”でググってもらえれば分かると思いますが、よく見てみるとその多くが”夜行バス”ではないでしょうか?

皆さんがおそらく思い描く「夜に出発して朝に到着する長距離移動バス」は、正確には”夜行バス”と呼ばれます。

では深夜バスとは…?というのはこちらの紹介がとても分かりやすかったのでどうぞ。


なぜ”深夜バス”という表現も一般的なのか…それは上のサイトにも記述があるように、
水曜どうでしょうの影響かと思われます。

[水曜どうでしょう official website]

 

私もこの番組の藩士*1なのですが、番組内で移動の際によく使われる”深夜バス”に悉くやられる大泉洋さんやミスターこと鈴井貴之さん*2の姿がたまらなく大好きです。

 

…ということで、以下正確には”夜行バス”と表記すべきものを、この記事では”深夜バス”と呼びます

 
f:id:youbar:20170113232935j:image

 

前置きはこの辺にしていざ本題。

 

2.深夜バスの魅力

とは何なのか。私なりには大きく分けて2つあると考えています。

 

 ・1.最小限のお金で移動が出来る

 これはある意味当たり前…としか言えないですよね*3

 

上の記事で使った東京→新潟、金曜日という例で考えると

・深夜バス:3000円~

・飛行機(LCC):6840円~

・新幹線:10050円~

 

ということで、圧倒的にお得!すごい!

  

旅行するときにどの様にお金をかけるかは人それぞれですが、個人的にはせっかく行くからには食べ物とか名物とかにお金をかけたいので、
そういった観点からも深夜バス程有り難い存在はないんです。

 


f:id:youbar:20170114000644j:image


f:id:youbar:20170114000414j:image

 

 2.早朝に着くので時間を有意義に使うことができる!

 

個人的な深夜バスのオススメポイントがこれなんです。 

例えば飛行機や新幹線だと夜に出発するとその日の内に着いてしまいます。

そうすると目的地で宿泊先を手配しなければいけませんね。

 

しかし!深夜バスなら!その特性上!

バスで寝泊まりしていることになり!宿泊費も!浮くのです!

 

違った観点から話すと朝から旅行先で行動したい場合は早朝の暗いうちに家を出なければいけませんが、
深夜バスなら前日の仕事後などにそのままバスに乗り込むとあっという間に旅行先に!やったね!

そうすることで旅行を最大限に満喫することが出来ます(`・ω・´)

  

f:id:youbar:20170113233303j:image

 

東京→博多を休憩2回のみで繋ぐ”キングオブ深夜バス”はかた号など…


過酷なイメージの深夜バスですが、最近ではこんなバスも登場したようです。


こんなにお金をかけるなら電車で…というのも分かるのですが、

夜行列車が下火になりつつある今、夜の時間を使って快適に移動することができるというのは他の何物にも変えられない魅力だと思います!

 

3.深夜バスおすすめ持ち物リスト

個人的に欠かせない持ち物をいくつか挙げてみます。

 

深夜バスはいい時間になると消灯されますが、やっぱりあった方がいいです。最優先。 

  • ネックピロー

 アイマスクとセットにして持ち歩くものという認識。寝る際の安定感が違います。

  •  タオル

普段使いのタオルや、なんならパーカーとかの着ない洋服でも可。

腰の当たりに丸めて入れるだけで翌日の疲れが軽減されます。

  •  耳栓 or イヤホン

バスの中はどうしても静かというわけにはいかないもの。

音楽聞きながら寝れる人ならイヤホンがあると退屈しないかも。

  •  水などの飲料

深夜バスはビックリするくらい乾燥します。常温でも大丈夫なものがベター。

ふと目覚めた時にあるととても救われるので、出発前か休憩中に買っておきましょう。

 

 

 

 まとめ。

深夜バスはみんなが思っているよりいいぞ!

 

 

*1:どうでしょうファンのこと。どうバカとも言う(?)

*2:タレント。大泉の事務所CUEの会長でもある

*3:少なからず危険性もはらんでいますし…。

Goose house Live Tour 2017〜はじまり、はじまりツアー〜@新潟に遠征した話。

表題の通り、2017.1.6にGoose house Live Tour 2017 〜 はじまり、はじまりツアー 〜の”はじまり”新潟公演に行ってきました!

 

※当然ですがセトリ・ネタバレ等はありません

今回の弾丸旅行記と現地の情報、そして感想で構成されております旨を予めご了承ください。

 

これから他のライブ、何より 〜はじまり、はじまりツアー〜 に他会場で参加する人の参考になれば幸いです。

(以下は全て新潟会場の情報となります。他会場では仕組み等が違う可能性もありますのでくれぐれもご了承ください。

また、この記事について不明点等があれば @ までお願いします。

 

目次

 

1.東京→新潟

本当は話題の北陸新幹線で移動したかったけど、諸般の事情でやむなく断念。

野球を見に行ったり帰省をしたり…色んな移動でとにかくお世話になっている高速バスを今回も使用しました。バスの所要時間は約5時間。

f:id:youbar:20170106101458j:image

水曜どうでしょう好きとしては、動いてるものに乗ると眠くなるのが性で、小一時間寝たら…そこはなんと…

f:id:youbar:20170106101727j:image

雪景色だあああああああ!!!

という感じに。雪が苦手というのは秘密。

 

そんなこともあったりなかったりしながらバスに揺られること数時間、無事に新潟駅
新潟市内は雪は積もってないんですね。

f:id:youbar:20170106151321j:image
 

お腹も空いたのでフラフラとお散歩をして駅ビル(?)の中で昼ごはんに。

お昼は新潟県コシヒカリを使った新潟名物タレカツ丼!美味しかった!

f:id:youbar:20170106150947j:image

 こうしてエネルギー補給を無事にしたところで新潟駅から寒空の下を散歩しつつ…

(色んなCDショップを回ったけど大々的な掲示等は見つけられず…少し悲しかった←)

 

 

2.新潟県民会館 ライブ前

会場である新潟県民会館には15時頃に到着!
f:id:youbar:20170106152111j:image

先行物販開始15分前に着きましたが、列は流石にそんなに長くなかったですね。
まぁツアーの初日とはいえ金曜日の昼間ですから、ある程度予想はしてたことですが…。

ちなみに先行物販の後半では殆ど列も出来てなかったのでかなりスムーズでした。*1

 

そして多くの人が気になっているであろう、ポストカードが貰えるアルバム予約について。

詳細としては…

  • 『僕らだけの等身大』初回限定盤1620円 / 通常盤1300円
  • 『HEPTAGON』初回限定盤3000円 / 通常盤2700円
  •  +送料 700円(/ 北海道、離島は1000円)

会場のCDブースで以上の3つの料金を全て前払いすると、その場で『僕らだけの等身大』とメンバー7人のポストカードがゲットできます。

2/22発売の『HEPTAGON』は(当然ながら)配送なのでご注意。

 

くれぐれも…
物販で浮かれてCDブースでお金が足りなくなり、慌ててコンビニのATMに駆け込んでまた待機列に並ぶ…なんて人が出ないことを祈ります!(完全に経験談)

 

ちなみに物販では以下の4点+CD(&ポストカード)を購入しました!素敵ですね!

f:id:youbar:20170107171410j:image

 

 

3.ついに開演!

開演の1時間前になり、会場内に結構な待機列が出来ました。
新潟でもこんな感じだと、東京だったら凄いことになりそうだなあ…。

 

そして18時にライブスタート!

会場内での撮影は禁止なので、この記事を読んで想像を膨らませてください…()


そして終演後の私のツイート。

 

という2ツイートから察してもらえれば分かる通り、本当にすごいライブでした。

 

特に参加したのがツアー初日・そしてシングル発売日ということもあって、他の会場では味わえないような感情を味わった気がします。新潟まで遠征して大正解でした!

 

勿論、そういう条件ではない他の会場でも楽しめる要素がいっぱいでした。演奏される1曲1曲にGooseの想いがこもってて、聴きごたえがありました…と、このブログを書きながら想い出してまた余韻に浸っております。

書きたいことはいっぱいあるけど、どれもセトリやネタバレに繋がってしまうので書けないのが悔しい…東京まで終わったらちゃんと書くぞ…!

 

ということで遠征してでも行く価値のあるライブだと思ったので、予定が合う方は是非旅行ついでに行ってみては如何でしょうか、絶対に後悔しないと思いますよ!
広島・名古屋あたりはまだチケットも残ってますし!

 

 

 

4.おまけ(新潟→東京)

そしてライブ後は新潟駅付近で新潟の美味しいものを味わい尽くし、またも深夜バスで東京へ。(バス所要時間は6時間と少し)



ということで27時間の弾丸旅行は最高のライブもあって無事に終わりを告げましたとさ、めでたしめでたし。

ちなみに次は2/1の名古屋に行く予定なので…
名古屋国際会議場センチュリーホールでゆばさんと握手!
(これを言ってみたかっただけ)

 

 

 

僕らだけの等身大(初回生産限定盤)(DVD付)

僕らだけの等身大(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

  

【宣伝】みぎちゃん推しによるみぎちゃん”脱退”への様々な想い。【短期集中連載】


*1:一般販売ではかなり混み合っていたので、先行販売に行ける方は強くお勧めします