読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It ain't over 'til…

沢山の願いを乗せて。

【短期集中連載】第2話「奏」【#汀ちゃんありがとう】

こんな特に意味のないツイートから始まった短期集中連載、今日はその第2話。

そんな第1話はこちらから。


さてさて本題。

竹澤汀さん(以下:みぎちゃん)のGoose house脱退発表。

ぱっと見ではただ悲しいお知らせなのですが、本当にそれだけなんだろうか…?ということを私が勝手に考え、その中で感じたきたことを何話かに分けて書いていきます。

 

 

活動に限りなく影響を与えないような日取りを選んだ説

みぎちゃんの脱退は突然Twitterで発表されましたが、おそらくこれはGoose house側の準備に準備を重ねたものなのではないでしょうか…?という話。

 

ソロのシンガーソングライターが集まるGoose houseというグループの中でも、ソロ志向が元々強かったように感じるみぎちゃん。

きっと少し前のどこかのタイミングで「もっとソロを頑張りたい」と感じ、この決断に至ったのでしょう。

 

Gooseからソロに専念するにあたって考えずにはいられないのは、Goose houseの活動の軸でもある月に1回のUstream Live

12月のUstreamはその集大成でもあるHOYな訳なのですが、Gooseを抜けてもその年にカバーをしていれば特別に参加する…というのが通例でした。*1

 

しかし、直近の卒業…そう。d-iZeさんはそうではなかった。

ここでd-iZeさんのアレコレを詳しく語るのは避けますが、
d-iZeさんの不参加により、このカバーはHOYで演奏されることはありませんでした。



d-iZeさん本人の強い意志によって”最後の”HOY出演はならなかったのですが*2、やはりHOYという場に出てほしいと思うのはハウスメイトならみんなが思うこと。

だからこそみぎちゃんには余計なことを考えさせず、HOYというお祭りでメンバーと一緒に音楽をでてほしかった。

 

しかし12月に入ってから脱退を発表するのでは次のUstream放送がHOYになってしまい、それでは長年在籍してきたのにも関わらず余りにも突然過ぎる。
無論年を越してからだと、みぎちゃんはHOYに出るのか?という議論になるのは自明。

 

上の2点を総合すると、推測はありますが11月のUstream前に発表するのが一番良い日程だった。ということになるのではないでしょうか…?

 

また、その当時既に発表されていたLive Tour 2017~はじまり、はじまりツアー~をもってみぎちゃんが脱退する…というのも、

ハウスメイトにとってはツアーに行くという気持ちをより強くするものとなりました。*3



 

本当は今回で色々書くつもりだったのですが、長くなったので第3話以降に持ち越し。

  

ということで…明日はHOY、みぎちゃん最後のUstreamです!絶対にお見逃しなく!


 第3話は明日12/24更新予定です。

…果たしてHOYが終わってから更新できるのか…?乞うご期待。

 

 

*1:私は比較的最近ハウスメイトになったので実際に見たわけじゃないのですが…。

*2:その意思を否定してるわけでは決してありません、むしろ清々しくてカッコいいと思います。

*3:今振り返ってみるとこの動画は脱退発表の前日に公開されたものでした